プラチナの魅力

プラチナ「PLATINA」と言うカタカナ語は、スペイン語だって知ってました?!実際、日本語のカタカナ、ひらがなの読みって、すべてが英語じゃないんですよね。フランス語だった入りいろいろな言葉をカタカナやひらがなで呼んでいるのです。プラチナは英語では「PLATINUM」と書きます。
では、プラチナはとは何かと言うと日本語で言うと【白金】です。白金と書くからか、見た目がホワイトゴールドと似ているからなのか、ホワイトゴールド=プラチナと考えている人が多いようですが、ホワイトゴールドとプラチナはまったく別物です。プラチナの製品に刻印されるのは「pt」です。ちなみに、元素記号も「pt」です。

プラチナを使ったアクセサリーやジュエリー

プラチナは、金とは違い高温でも変化せず、また化学反応にも強いとされるため、専門的な言葉で言うと「科学的に安定している物質」です。そのためアクセサリーやジュエリーなどに用いられられます。

スポンサードリンク

プラチナの純度

ジュエリー、アクセサリーでプラチナ製品とする規定があり、日本ではプラチナジュエリーと呼べるのは「Pt850以上」と決めています。しかし、国際基準ではプラチナジュエリーと呼べるのは日本の基準より少しちがい「pt950」です。国内ではそのためさまざまな純度表記のものが販売されています。その純度表記を解説してみたいと思います。

Pt1000

プラチナ100%です。ジュエリーやアクセサリーの刻印ではあまり見たことはないですね。

Pt950

プラチナ95%+その他金属5%です。海外で購入するプラチナジュエリーでは、子の刻印の製品が多いようです。

Pt900

プラチナ90%+その他金属10%です。日本国内で販売されている、プラチナのジュエリーアクセサリーの刻印は「pt900」が多いようです。

Pt850

プラチナ85%+その他金属15%です。あまり「pt850」の刻印は見たことはないですが、最近では、お手頃価格のプラチナ製ジュエリーやアクセサリーと言う事で増えているそうです。

Pt750やpt700

pt750=プラチナ75%+その他金属25%、pt700=プラチナ70%+その他金属30%です。この刻印の製品はプラチナ製とは言えません。
「プラチナ」と記載して販売していてる事もあるので注意しましょう。

プラチナランキング

プラチナに関連したんランキング情報

産出国

  • 南アフリカ共和国
  • ロシア
  • カナダ
  • アメリカ合衆国
  • ジンバブエ
  • コロンビア

プラチナを買うならこのブランド!人気ランキング

  • カルティエ
  • ティファニー
  • エルメス

金属の値‰(パーミルまたはプロミル)

日本語では千分率と言う意味です。
すなわち、1‰ = 10-3乗です。
例) 1‰ = 1/1000 = 0.001 = 0.1%
プラチナ表記のPt950は95%なので、当サイトではわかりやすき「‰」表記ではなく「%」で紹介しています。