ゴールドアクセサリー&ジュエリーの魅力

金事態は、ほとんど錆びる(さびる)ことがなく、変色や化学反応などが起こりにくいため、金属アレルギーの発現率が極めて低く、手入れがとても楽な素材です。また、プラチナ(白金)に比べ、お値段もお手頃で、さまざまなカラーがあるのが魅力です。
結婚50周年は、金婚式で金製品をゴールドの装飾品プレゼントするそうです。

金(GOLD)から作るアクセサリー&ジュエリー

金は、貴金属の中ではとてもやわらかい物質で、純度100%ではアクセサリーやジュエリーその他の装飾品として加工、機能がしずらい為、その他のしづらい。そこでほとんどの場合、別の金属(銀、銅、亜鉛など)を混ぜ、合金にしてから彫金をおこない装飾品を作りだします。

スポンサードリンク

ゴールドの種類

やっぱりゴールド!ゴールドには様々な種類があります。混ぜる金属の種類や配合によって金のさまざまな色合いが出来上がります。その色合いによって分けられているゴールドの種類を紹介します。

イエローゴールド

一般的に知られれている金の色、金メダルの色です。
18Kイエローゴールドの場合、配合は金75%+銀15%+銅10%が一般的です。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドは、プラチナやシルバーのような銀色です。プラチナ(白金)の代替え品として開発されたそうです。ホワイトゴールドは18K・14Kが一般的です。
18Kホワイトゴールドの場合、配合は金75%+銀15%+ニッケルまたはパラジウム10%が一般的です。※国産の場合、パラジウムを使用することが多い。パラジウムの方が高価でアレルギーを起こしにくいといわれています。

ピンクゴールド

ピンクゴールドは、光の当たり方や見る感じから、少しピンクかかっているのが特徴です。金色に銅色を混ぜたような色です。
10%18Kピンクゴールドの場合、配合は金75%+銀10%+銅15%が一般的です。

ブラックゴールド

18Kホワイトゴールド+プラチナで作る、黒っぽい色合いが特徴

グリーンゴールド

18Kイエローゴールドの銀の割合を少し多く配合したもので少し青みがかっているのが特徴です。

レッドゴールド

18Kピンクゴールドの配合ぜ赤みが勝った金属を多めに配合したもので、赤みがかかっているのが特徴です。

純度と表記

ゴールドアクセサリー&ジュエリーには金の含まれる純度によって違いがあります。その違いを紹介します。純度が高いほど高価です。
また、各国主要な純度が違うそうです。日本では、18Kが主流です。

24K

金の純度が99.99%以上の金製品を24Kとしています。

18K

24Kが99.99%以上なので、18Kは、純度18/24=75%の金製品を18Kとしています。

14K

18K同様に、24Kが99.99%以上なので、14Kは、純度14/24=58.3%の金製品を14Kとしています。

その他

8K=33.3%、9K=37.5%、10K=41.7%、20K=83.3%、22K=91.7%

WG

ホワイトゴールド

PG

ピンクゴールド

YG

イエローゴールド

GP、PF、GEP、HGE

金メッキ

GF、GR

金張り

金のに関連しらランキング

金に関連したゴールドランキングです

産出国

  • 中華人民共和国
  • 南アフリカ共和国
  • オーストラリア
  • アメリカ合衆国
  • ペルー
  • 他、ロシア、カナダ、ウズベキスタン、インドネシアなど

ゴールドジュエリー、アクセサリーを買うならこのブランド

  • カルティエ
  • エルメス
  • シャネル

金属の値‰(パーミルまたはプロミル)

日本語では千分率と言う意味です。
すなわち、1‰ = 10-3乗です。
例) 1‰ = 1/1000 = 0.001 = 0.1%
スターリングシルバーの925‰は92.5%なので、当サイトではわかりやすき「‰」表記ではなく「%」で紹介しています。