イヤリングとピアスの違いって何だろう?!

簡単に言うと、ピアスはイヤリングの一種です。イヤリングは耳につけるアクセサリーやジュエリー(装身具)の事です。違いと言うと難しいのですが、まったく別物なのです。
ピアスは、日本での解釈は装身具で考えがちですが、「pierce」(ピアス)とは、穴をあけると言う意味なのです。ですから、ジュエリーやアクセサリーの場合は「pierced earrings」とか「pierced -----」と言う呼びのが大正解!ですね。
一般的に、耳に穴をあけて飾る装身具ジュエリーやアクセサリー)をピアスと呼びますので、以降は当ページでもピアスと書かせていただきます。

スポンサードリンク

ピアスやイヤリングを選ぶポイント!

自分で購入するにしても、プレゼントにするにしても、基本的なポイントを押さえて選びましょう。

タイプ

これは、まず基本。ピアスにするのか、そうでないものにするのか。
ピアスをつける穴の開いていない人が、ピアスを購入したりもらたりしてもどうすることもできませんので、まずは、どちらにするのかを選びたいですね。
結構言われることに、最近ではピアス用の穴をあけている人が多く、イアリングはピアス用の方が可愛いのが多い何で言いますが、実際そうでもないですよ。
ピアスだと思い、かわいいな!と思って手に取ってみると、穴がなくても着用できるものだったこともあります。そういった物は、ピアス穴がなくても、ピアスの穴があいていても利用できるので結構いいかなとおもいます。ピアスをつけて、重ねてイヤリングをしたりと便利に利用できます。
まずは、どちらのタイプを購入するかを決めましょう。

用途

イヤリングは、おしゃれアイテムでは必見です。リング(指輪)やネックレスに比べて利用頻度が少ないように見えますが、案外逆だったりします。パーティーにペンダント形のピアスやイヤリングをすると、衣装を引きたたてくれますし、顔だちをパット華やかにしてくれます。また、冠婚葬祭では欠かせないアイテムだと考えます。と考えると、普段使いとお出かけ用、特別な日用と3タイプは最低用意しておきたいところですね。ネックレス同様、毎にし着用する者こそ素材が良い物を選んでもらいたいです。

素材

金属アレルギーの方でピアスを着用したいという場合、最近では台がプラスチックでできた物も多いです。シルバー素材のものは、長時間使用すると変色、劣化が激しいため、ピアスを購入するなら、断然ゴールドかプラチナをお勧めします。イヤリングも同様に落としがちなアイテムなのでお手頃価格で購入できる素材を選びがちですが、そういった素材は劣化が激しいので、出来ることなら台はゴールドかプラチナを選んでもらいたいです。

強度

イヤリング、ピアスに関しては、ペンダント形(ぶら下がっているタイプ)以外はさほど強度は関係ないように思えます、しかし、作りが悪い物は曲がってしまったり、取れてしまったりと残念な結果になることがありますので、ペンダント形や大きな飾りがついたものは、台との接点がしっかりしたものを選ぶようにしましょう。

デザイン

イヤリングやピアスは、輪っかになったものからストレートなもの、耳にフィットしたものとデザインは大まかに分けて3つです。どんなデザインがよいかはあなたの目で見て確かめてください。

価格

価格は、おなじようなデザインでも百円ショップで売られているものからから数十万円もするものまで本当に幅が広いです。素材自体の差はもちろんですが、ブランドネイムだけでそんな価値のない物が本当に高い値段で売られています。購入する際は、素材、作り、加工地などをふまえて検討してみてください。

ブランドで選ぶ人気のピアス&イヤリング

ピアス、イヤリング人気ランキング上位のブランドをCHECK!

気のブランド

  • ティファニー
  • シャネル